国民投票法の問題点

Posted 5月 5th, 2014 by rails

国民投票法案の問題点が審議されていますが、
何が問題になってるのかというと、
一番わかりやすいのが投票に参加できる年齢の件です。
選挙権が20歳からですから国民投票も20歳でいいのではないかと思うのですが、
18歳からにしたいという案が出てるいるようです。
世界的にみてもほとんどがそうだから、というのが理由のようですかが、
国民投票は憲法改正を行う際に必要になってくるものなので、
まだ未熟な未成年者に参加させる意義が疑問視されています。
日本では思想信条の話しを若い人がするとすぐに左翼だなんだといっいって、
査定に響きかねないお国柄なので、
そこが実社会との矛盾を生んでしまいそうな気がします。
思想信条の話しはだいたい普通の会社ではご法度ではないでしょうか。
そういうことを若い人に求めているような気がしますが、
それなら思想信条の話しをしても会社で出世できるような、
システムから考えなければならないように思えます。
興味がないといって国民投票から逃げてもらいたくない、
という気持ちもわかります。
しかし、20歳でも天下国家のことをよくわからないような未熟なのが多いのに、
果たして18歳に引き下ても大丈夫なのということです。
また18歳に引き下げたとしたら今度は選挙権や成人年齢も、
20歳から18歳へとならないとおかしいみたいな問題も出てくるので、
もっと議論を尽くさねばならないということのようです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>